白い壁紙を貼ってリフレッシュ!

こんばんは。

家を買った後、引っ越す前にした作業その1、壁紙貼りです。

なんと、壁がちょっと汚れが目立つというかなんというか・・・。
角の部分が茶色っぽいですよね。

ということで、壁紙を買って自分で貼ってみました!
友人にも若干手伝ってもらい、見事このとおり、真っ白な壁になりました。
きもちいですね!

既存の壁紙の上に重ね貼りですが、はがれる気配はなくしっかり着いてくれています。

使った壁紙は、壁紙屋本舗 の生のり付き壁紙です。
必要な道具が一式そろっているセットで非常に助かりました。

でも鋏だけは入っていないので別途買いましょう。
裁縫用の裁ち鋏が使いやすくておすすめです。

やってみて分かったのですが、貼るのは簡単ですが、切るのが難しいんです。
綺麗に切るポイントは何点かあります。

  • 切る前にヘラでなぞってしっかり折り目を付ける。
  • 端の部分は当て板の外側から切る。
    内側から切ると端と壁紙の間に1ミリ程隙間ができてしまう。
  • 200cmくらい切ったらカッターを折る。
    折らないと切れ味が悪く一発で切れなかったり、裏紙が切れずに残ってしまう。
  • ジョイントするときは力を入れて一発で切る。
    一発で切らないとジョイント部分の隙間が目立ってしまう。

また、出っ張っている部分も慣れるまでは難しいですが、はさみを使って切り抜いた部分を合わせていきます。
これは慣れるしかないでしょう。

あ、のりが着いてしまった部分は濡れ布巾やスポンジでしっかり拭いてくださいね。
何年か経つと茶色いシミになってしまうことがあるようです。

ということで、これから壁紙を貼りたいという方はぜひがんばってください!

次回は無垢フローリング貼りに挑戦したいと思います。

和室の畳を無垢フローリングに交換!
和室の畳を無垢フローリングに交換!
じゃーん、突然ですがうちの和室です!(家を買う前の) 不動産屋が新品の畳を敷いてすぐに撮った写真のようですが、 部屋を閉め切ったまま一夏が過ぎ、私が内見した秋にはカビていました>_< 引き渡しまでにまた新品の畳にしてく...