50度洗い信者は50℃の風呂に入ってこい

最近知ったのですが「50度洗い」という食材の下処理方法があるようです。
50℃のお湯に数分間食材をつけるそうです。

50度洗いとは?

2012年ごろに「スチーミング調理技術研究会」の代表「平山一政」という方が提唱し始めたようです。

こちらの書籍の内容紹介によると、効果は次の4つらしいです。

  1. 食べ物がより美味しくなる
  2. 栄養素が増えて体にいい
  3. 肉や魚は正面の油が落ちてヘルシーに
  4. 食材が長持ちする

1、2、4はまあどう考えてもウソでしょう。
3については効果はなくはないですが、表面の脂肪が少し落ちるだけでほぼ効果はないと考えられます。

しかし、実際においしくなったなど、インチキくさいことを書いているサイト、口コミが存在します。これは業者の宣伝もしくは、アフィリエイト記事のためのインチキの可能性が高いです。くれぐれも信じないように注意しましょう。

50度で洗って食材が長持ちするわけがない

50℃というのは植物にとって非常に高温です。平気で細胞が死にます。
育てている花や野菜に50℃のお湯をやってみてください。翌日には葉がしなびていることでしょう。

また、葉野菜は沸騰したお湯で短時間ゆでるものです。
中途半端な温度のお湯につけたり、水からゆでたりすると茶色っぽくなったりして、味も落ちます。(実際にやってみてください。)
こんなこと常識なのに、「50度洗い」だの言っていることが信じられません。

あさりの50度砂抜きはウソ

さて、この「50度洗い」がどう"進化"してしまったのかはわかりませんが、50℃のお湯にあさりをつけると15分で砂抜きができるという、これまたインチキくさい情報が出回っています。

貝類は高温に非常に弱く、すぐに痛んでしまいます(死んでしまいます)。
あさりの温度耐性の論文は検索するとそこそこHitしますので目を通して見ましょう。

夏季高温下におけるアサリのへい死
http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010873366

水温が 40℃を超えると 1~ 2時間以内に死亡し、 35℃以上の水温が 24時間持続するとほぼ全数が死亡する

こちらの論文から引用ですが、かなり温度耐性がないことがわかります。

少し話は変わりますが、我々人間は50℃の風呂には数秒入るのがやっとです。
入ったところで、ヒートショックを起こして死亡するなり、低温火傷で皮膚がはがれるなりで、非常に危険です。

そう考えるとあさりを50℃のお湯なんかにつけたら数分持たないでしょう。
15分も50℃の中途半端なお湯につけたら折角のあさりが台無しです。
砂抜きをするなら20℃の3%食塩水に半日つけておくのが最高効率なわけです。

さて、あさりというのは非常に身近で、スーパーで売っているあさりは、さっと洗ってすぐに使えるように砂抜きしてある場合がほとんどです。
おかげで半額のあさりを見つけてはしょっちゅうの吸い物を作っています。

砂抜きが必要な場合はラベルに表記してあります。
心配なら鮮魚担当を呼び出してもらってきいてみましょう。

総括

「50度洗い」はインチキです。食材がおしくなる、長持ちすると謳っていますが、実際は真逆です。まずくなる、ダメにするというのが真相です。

「水素水」を筆頭に、あの手この手で頭の悪い人を相手に金稼ぎを講じてきます。
インチキ情報にに踊らされる前に自分の頭でよく考えましょうね。