斜面下に伸びている栗を切った

竹林の横の斜面に生えている栗の木。
野生の栗でたいして実がならないうえに、下の家にかかりそうなので切ることにしました。

胸高直径40cm、高さ8m程なのでそこまで大きくないのですが、
45°ほどの角度で生えていて長いのと、斜面なので正直怖いです😂

根元には塩ビの下水管があり、切った枝が当たって割れないように注意しなければなりません。

葉が落ち切った2月、はしごをかけて切りました。

こういった作業ではマキタの小型バッテリーチェンソーが軽くて使いやすくてよいです。
腰ベルトにフックとチェンソー用ランヤードをつけるとチェンソーを腰にかけられるので両手を使ってはしごをのぼれます。

枝分かれしている部分の元から切って、3回で切り落とせました。
栗の木は裂けやすいというので、裂けたときに跳ねないように切り口付近をロープで締めて切ります。

また、枝が勢いよく落ちて飛ばないように、カラビナにロープを巻いて制動をかけてゆっくり落ちるようにしました。
本当はポータラップがあればよいのですが、高いのでカラビナで代用です。

無事、枝を切り終わりました。
幹の部分は当面は放置しても大丈夫そうなので、来年以降切ることにしました。

あとは切った枝を斜面から回収して終わりです。
回収した枝の半分ほどが写真手前にあります。

栗の木はシイタケの榾木にできるので、後日この枝にシイタケの種駒を打つことにします。

次回はこちら

シイタケの駒打ちをしたよ
前回切った栗の枝を使って原木シイタケを作ることにしました。 前回の記事はこちら 奥の太めの枝に駒を打っていきます。 1,000個入りの箱を買いました。3000円ほどです。 原木によりますが、25本~30本...